教育支援活動とは?

教育支援活動(教育CSR)が注目される理由

教育CSRを戦略的に展開することで、自社の価値を向上させる

企業をはじめとする、社会と学校が連携する教育の必要性は、教育課程に総合的な学習の時間が設置された2000年ごろから見聞きするようになりました。15年以上経過した今、次なる学校教育のパラダイムシフトを目前に、国も次世代の人材育成に社会総がかりで取り組みを行う必要性を訴え、多くの企業が賛同し、取組み始めたことで教育CSRは大きなムーブメントになっています。そんな中、教育CSRを“コスト”ではなく、未来への“投資”と考え、社会と共有できる価値を創造するCSVの視点で、いかに戦略的に展開するかが重要なキーといえるでしょう。

教育CSRは社員の意識を高め、企業をより強くする有効な経営活動のひとつ

企業経営の根幹を支えるのは人材育成であることは周知の事実です。
多くの企業がさまざまな社員研修を行っていますが、子どもたちと直接関わる経験は、社内の人材育成の面からも大きなインパクトがあるようです。

例えば、環境問題に対応する仕事に携わる社員が、子どもたちに環境メッセージを伝えることで自分の行動や意識のあり方を改めて問う機会になった、という例のように、教育CSRを通じて、地域社会や子どもたちと交流することで、社員が自社の価値を再認識し、その価値を向上させるひとつの大きなきっかけとなります。
そのような社員一人ひとりの意識や行動が未来を支えているということに、企業が注目しているのです。

  • 教育CSRセミナーサイトへ

教育CSRのトレンド情報

人気記事ランキング

pagetop