教育支援活動とは?

教育CSR(教育支援活動)とは

企業が社会の一員として存続し、発展していくための企業活動のひとつ

CSR(Corporate Social Responsibility)=「企業の社会的責任」の中でも、次世代育成をキーワードとした学校教育支援に注目が集まっています。教育現場への企業講師派遣や授業用教材の提供、職場体験の受け入れ、工場や施設見学受け入れなど、企業が社会を構成する一員として、教育の実状に即して企業の価値を提供することにより、教育活動に参画・支援することを『教育CSR』と呼んでいます。

CSRの本質を理解することで、教育CSRの意義が見えてくる

  • 1. CSRは企業と社会の持続的な相乗発展に資する
  • 2. CSRは事業の中核に位置付けるべき「投資」である
  • 3. CSRは自主的取り組みである

引用:2003年(社)経済同友会「市場の進化と社会的責任経営」P7

CSRとは企業と社会との関係性を改めて問うことであると言えるでしょう。

つまり、教育CSRは未来を担う子どもたち、そして子どもたちが育つ学校や地域社会との関係を構築していく持続的、かつ能動的な取組みでなくてはならないということが理解できます。企業の業績結果に応じて教育や地域に貢献することや、要望があるから対応するという業績連動型の取組みとは、一線を画するものであるべきなのです。

つまり、教育CSRは、企業が社会の一員として存続し、発展していくための企業活動の中に位置付けられるべきものといえるでしょう。

  • 教育CSRセミナーサイトへ

教育CSRのトレンド情報

人気記事ランキング

pagetop